エントリーシートが通らない理由は?

ES(エントリーシート)が通らない理由3つと通るESを書くポイント

「就活で提出するエントリーシートがなかなか通らない」
「まわりはみんな面接を受け始めているのに、自分は書類審査すら通らない」
と悩んでいる新卒の方も多いのではないでしょうか?

「なぜかエントリーシートが通らない」という人は、ちゃんと書いているつもりでも企業側にとって「落とすエントリーシート」になってしまっているのかも...。この記事ではあなたのエントリーシートが通らない理由と、「通るエントリーシート」を書くために改善するべきポイントを文例と共にお教えいたします!

そもそも企業はES(エントリーシート)で
何を見ている?

履歴書が学歴や資格など個人的な情報を書くものであるのに対し、エントリーシートは人柄や経験・熱意などを伝える書類です。新卒の学生は仕事の実績がないぶん、企業側はまずエントリーシートに書かれた内容で「自社で活躍できる人材か」を判断しなければいけません。
これは要するに、「エントリーシートだけで人物像や志望度、能力、適性までも見られている」ということです。
いくらアピールできる強みがあったとしても、その企業が求めている能力や人物像に合っていなければ、書類審査を通過することはできないといえます。

ES(エントリーシート)が
通らない理由3つ

理由3つ

採用担当者は大量の書類に目を通すので、エントリーシートの第一印象が良くないとその時点で不採用が決まってしまいます。場合によっては、最後まで目を通してもらえずに落とされることも...。
まずは「通らないエントリーシート」になってしまう理由を知っておきましょう。

  • 読みにくい

    字が汚かったり小さな字でぎっしりと書いてあるなど、一見して読みづらいエントリーシートはそれだけで採用担当者の印象はマイナスになります。また、何が言いたいのかわからない冗長な文章も、最後まで読んでもらえないまま不採用となる可能性が高くなります。
    書いているうちに熱意を伝えたいあまり文字量が多くなってしまったり、工夫して書こうと回りくどい表現になってしまいがちですが、それで読みづらくなってしまっては本末転倒。

    内容以外の部分で落とされることのないよう、「適度な大きさの字で丁寧に書くこと」「わかりやすい文章で書くこと」は基本中の基本と心がけておきましょう。

  • 志望動機が弱かったり自己PR内容が適していない

    採用担当者は志望動機で「どれだけ企業研究をしてきたか=自社への志望度はどれくらいか」を見ています。「人の役に立つ仕事がしたい」「◯◯業界に関心があるから」といった「ほかの業種・企業でもいいのでは?」と思わせるような志望動機は、落とされる原因になってしまいます。
    また、自己PRについても自分で「ここをアピールしたい!」と思っている部分が企業の求めているものと相違がある場合は、書類審査で不採用になる可能性大。

    詳しくは後ほど解説しますが、志望動機と自己PRはいかに「自己分析と企業分析ができていて、一貫性があるか」がカギとなります。

  • 記入項目に空欄がある

    先ほど「ぎっしり書いたりダラダラ長い文章は避ける」とお伝えしましたが、反対に記入項目に空欄が目立つのもNGです。書くことが思い付かない場合もあるかもしれませんが、空欄が多いのは「熱意がない」と捉えられてしまいますので、記入欄の9割は埋めるようにしましょう。

通るエントリーシートになる!
改善ポイントと文例

では、実際に「通るエントリーシート」に改善するには、どうしたらいいのでしょうか。具体的な書き方と文例をご紹介しますので、ぜひご自身のエントリーシートと合わせてチェックしてみてください。

文章を読みやすくするコツは「結論から書く」こと

アピールポイントを簡潔でわかりやすく伝えるためには、まずは「結論から書く」という練習をしてみましょう。一番伝えたいことを冒頭に書くことで採用担当者の関心を惹くことができるので、それだけで「読んでもらえるエントリーシート」に変わります。
この「結論を先に提示する」ことは社会人としても必要なスキルとなりますので、普段から話す際にも意識していれば、面接などでも言いたいことが伝わりやすくなります。
結論のあとに書く文章も、無理に文字数を増やしたり難しい表現を使う必要はありません。あくまで「わかりやすく読みやすい文で」書くことが鉄則です。

「結論から書く」書き方文例

Before 学生時代、結婚式場で派遣アルバイトをしておりました。
格式の高いホテルで行われる結婚式の接客業務はとても厳しく、失敗も許されないため常に緊張感もあったのですが、新郎新婦様の最高の一日をともに作り上げるため、常に笑顔で働くよう努めました。
また、披露宴に出席されているお客様にも満足していただきたく、担当テーブルには細かく目配りし、積極的にお声掛けを行なっておりました。
帰り際にお客様から「ありがとう」と言っていただけることが増え、どんなときでも気遣いや笑顔で人と接することができるようになったと思います。

After 私はどんな環境でも笑顔で人と接し、気遣いをすることができます。
学生時代、結婚式場で派遣アルバイトをしておりました。格式の高いホテルで行なう接客の業務はとても厳しく、失敗も許されないため常に緊張感もあったのですが、新郎新婦様の最高の一日をともに作り上げるために、常に笑顔で働くことを心がけておりました。また、披露宴に出席されているお客様にも満足していただきたいという思いがあり、飲み物の不足やお客様の体調、お子様が使う食器などに目配りし、気になった点があればお声掛けをしておりました。帰り際にお客様から「ありがとう」と言っていただけることがとても嬉しかったです。
明るく細やかな接客態度を現場でもだんだんと評価していただけるようになり、2年間で8カ所の派遣先から指名発注をいただけるようになりました。

ここが改善ポイント!

  • 「自分が培ったスキルや強み」を1行目に書くだけで、グッとわかりやすくなります。
  • 経験や経緯は「どんなことに気をつけてがんばったのか」「その結果どうなったか」を具体的に事例や数字を出して書くことで、読む側もイメージがしやすくなります。
説明する女性

志望動機は企業に合わせた内容で一貫性を出す

志望動機には、企業に関心を持つことになったきっかけや、経験・能力を活かして入社後に何をしていきたいかなど、採用担当者が納得する根拠を盛り込みましょう。もしOB訪問や会社説明会に行く機会があるなら、その際に得た情報も活用すると「自社への関心度が高い」と思ってもらうことができます。
しかし、ここで注意していただきたいのが「経験・志望理由・活かせる能力に一貫性があるか」という点です。いくら立派な経験があったとしても、志望理由に直結していない、企業が求める人物像に合致していなければ書類審査の時点で落とされることになります。
これらすべてをひとつのストーリーとして意識して書くことで、より「御社で働きたい」という熱意と自分の強みが伝わりやすくなり、採用側にとってもミスマッチを防ぐことができます。

一貫性のある志望動機文例

Before 私は食べることが大好きなので、食品の企画開発に携わりたいと考えていました。
特に貴社のハイカロリー栄養食のシリーズは、高齢の方でも食べやすいうえに美味しく栄養を補給できることから、とても魅力のある商品だと感じています。量が食べられない、食材が食べづらいという高齢者の方でも食事を楽しみながら健康を維持できるような商品を提案していきたいと思います。

After 私はどんな年代の方にとっても、食事の楽しみと健康を両立してもらいたいと考えています。
私自身、食べることが何より好きで、特に家族と一緒にとる食事は幼い頃からとても楽しく大切な時間でした。しかし祖母が高齢になるにつれ体調が優れない日が多くなり、食事量や食べられる食材も減っていきました。体力も落ち、昔より元気のなくなってしまった祖母を見て、どうにかしてまた食事を楽しみながら栄養を付けてほしいと考えていた際に、貴社のハイカロリー栄養食のシリーズを知りました。高齢者の栄養バランスや食事制限、嚥下力の低下などに配慮しつつもエネルギーを補給できる貴社の商品について調べるうちに、自身が祖母と暮らす中で感じた高齢者の食事の悩みや問題点を商品開発に活かせるのではないかと考え、このたび貴社の企画職を志望いたしました。

ここが改善ポイント!

  • 「〜が好きだから」「〜に興味があるから」だけでは「内容が薄い」と思われがちになるので、「なぜ好きになったか・興味を持ったか」という経緯を書けるようにしましょう。
  • 「好きであるからこんなことを実現したい」そのためには「こんな経験や力が活かせる」といった流れで自分のアピールに繋げることで、志望動機に一貫性を持たせることができます。

「志望動機が上手く書けない」という方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

説明する女性

自己PRは「ストーリー仕立て」で!

自己PR欄で自分の長所や強み、人間性などをアピールする際も「どんな経験で、どのようにして」それが身に付いたか、または発揮できたか、そしてそれは「仕事にどう活かせるのか」という経緯を提示する必要があります。志望動機と同じく、自己PRも「ひとつのストーリー」と捉えてください。
改善した結果や実績などが数字で出せるのであればより良いですが、うまくいかなかったエピソードなら書かない方が良いというわけではありません。
企業が自己PRで知りたいのは「問題が起きたときにどのように考え、どう努力したか、そして何を学んだか」ということです。結果が出なかった場合は、問題解決までの過程にフォーカスして書けばOKです。

ストーリーを意識した自己PR文例

Before 飲食店でアルバイトを3年間しており、「入店しても気付かれず案内されない、オーダーしたくて呼んでいるのになかなか来てもらえない」というクレームを多く受けたことがあります。
新人スタッフが接客に自信がないことから余裕がなくなり、まわりに気を配れないことが原因とわかったので再度スタッフの教育を行なうことで、クレームゼロに導きました。

After 私は問題の原因を探り、根本解決を考えることが得意です。
3年間飲食店でアルバイトとして勤務し後輩の指導も担当していたのですが、一時期お客様が呼んでいることや来店されたことに気付かずお声掛けができなかった状況に対してのクレームが増えたことがありました。これに対して、ただほかのスタッフを注意するのではなく原因を全員で考えたところ、数人の新人スタッフから「忙しいと焦ってしまう」「ミスが不安でオーダーが重なることを避けてしまう」という意見が出ました。その意見から「接客に自信が付けば焦りや不安は解消されるのではないか」と考え、店のルールや接客についてわからないことを毎日勤務前にヒアリングして解消したり、新人スタッフの接客中は極力目が届く範囲にいて困っている際はフォローに入って指導するよう心がけました。
何かあってもすぐに確認できるという安心感から新人スタッフにも余裕が生まれ始め、1ヵ月後には同様のクレームを一切なくすことができました。
状況を掘り下げ、根にある課題を見付け出す力は、経理業務で改善や効率化に役立てることができると考えています。

ここが改善ポイント!

  • 問題の原因の引き出し方や、改善するための行動は重要なアピールポイントになります。採用担当者に伝わるよう具体的に書いておきましょう。
  • 「結論を先に書く」ことは忘れずに!最後は「経験から得た強みをどう業務に役立てると考えているか」に繋げると、ひとつのストーリーが成立します。
説明する女性

自由記述欄にはどんな内容を書けば良い?

エントリーシートの項目で一番書く内容に困ってしまうのが、自由記述欄ではないでしょうか?
はじめの方でもお伝えした通り、何も思い付かないからといって空欄のまま提出するのはNGです!
ほかの項目に書き切れなかったけれど応募先企業で活かせそうなスキルがある場合は、ぜひ自由記述欄に記載しておきましょう。また、ホームページや会社資料などではわからない質問を書いておくのも採用担当者の目に留まりやすくなります。

提出前に確認!エントリーシートの
チェック方法3つ

チェック方法3つ

提出前に必ず読み返し、誤字脱字はないか、読みにくい文章はないか、より伝わりやすい表現にできないか内容を推敲しましょう。書き直しの手間が少なくなるように、まずは一通り下書きをしてから見直すのがおすすめです。

日本語の間違いは厳禁!より読みやすい文章にするには?

誤字脱字がないことは大前提ですが、それ以外にも主語・述語のねじれなど文法上のミスがないかを確認しましょう。「長くて読みにくいかも」と思った文章がある場合、形容詞や接続詞を必要最低限まで削る、ひとつの文章に入れる情報はひとつだけにするという「一文一義のルール」を意識して書き直すとスッキリした読みやすい文章になります。

エントリーシート上の質問の意図を理解しよう

たとえば「趣味・特技は何ですか」という単純な質問からでも、採用側は人間性やアピールポイントを判断します。ただ「映画鑑賞」「スポーツ」とだけ書くのではなく、「その趣味のどこに魅力を感じているのか」「趣味・特技を通してどんな経験ができたか」まで掘り下げて書くようにしましょう。
また、「学生時代に打ち込んだことは何ですか」という質問に対して「授業・研究」や「アルバイト」という回答は、企業側には「頑張って当たり前のこと」と思われる可能性が高いです。
もし、研究で何か成果を出した、アルバイトで実績を上げたのであれば、きちんと具体的なエピソードを添えるようにしてください。

エントリーシートは第三者に見てもらうのが効果的

エントリーシートを第三者に見てもらうと、内容や文章についての客観的な意見がもらえます。友人や家族など身近な人からチェックを受けるのが恥ずかしい場合は、学校の就職課などを利用してみてはいかがでしょうか。
ティスメjobエージェントでもエントリーシートの添削を受け付けております。志望業界別に内容のアドバイスや面接対策も行なっており、すべて無料でご利用いただけますのでお気軽にご相談くださいね!

エントリーシートはポイントを押さえて対策を!

  • 「誤字脱字がなく読みやすい文章で書く」ことは基本
  • 志望動機と自己PRは、志望企業に向けた内容を一貫性のあるストーリーで書く︎
  • どの質問でも意欲や人柄を見られているので、空欄は作らず具体的に書こう︎
  • 最後はほかの人からチェックを受けよう

エントリーシートを書くときは「質問に対して良い答えを書くこと」ばかり考えがちですが、「企業が求めている人物像」や「採用担当者が知りたいこと」は何かを常に意識した内容にすることで、「通るエントリーシート」になります。企業ごとにエントリーシートを作成するのは大変な作業ではありますが、まずは書類選考通過のためにご自身の回答をひとつずつ見直すところから始めてみましょう。

内定が出るまで全力サポート