営業に向いている人

営業ってどうなの?向いている人の6つの特徴と営業職のメリットとは

新卒や第二新卒で就職活動をおこなっている方で「まだ就職先が決まってない」と焦っている方はいるはず。就活が思うように進まないと、もともと希望していなかった職種を受けてみようかと考えたりしているのではないでしょうか?

とくに「営業」という職種は向き不向きがあるため、向いていないと思っていた方にとって面接を受けるのはとても不安になるはず。
そこで、希望していた職種ではない営業職を受けてみようかと迷っている方のために、実際の営業職はどんな仕事なのか、営業で働くメリット、そして向いている人の特徴についてご紹介したいと思います!また、営業に向いているのかどうかが分かる「営業の向き不向き診断」もあるので、ぜひやってみてください!

営業って実際どうなの?

営業って実際どうなの?

みなさんは「営業」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

・ノルマがきつそう
・数字に追われている
・外回りや飛び込み営業が大変そう

など、ネガティブなイメージを持っている方は少なくないでしょう。
なかには「人見知りだから」「競争が苦手」という理由から営業職には向いていないと考えている方は多いはず。
そこで、実際の営業職の仕事について見ていきましょう。

営業は、自社のサービスや商品をアプローチして契約を取り付ける仕事で、業界や扱う商品によって仕事内容は多岐に渡ります。営業職に共通するのは、購入意思の低いお客さまに対し商品を説明して購入意欲を沸かせ契約を取り付けるという業務です。

男性

事実、営業職はノルマを達成することによってボーナスや給与に大きな差が出る会社は多いです。しかし企業によっては、個人ではなくチームで目標達成に向けて仕事を進める会社や毎日初対面の方に営業をする会社など様々。

営業と一口に言っても、その種類は「法人営業・個人営業・新規営業・既存営業・内勤営業」と分かれています。営業職の種類によって取引先や営業方法などは大きく異なります。
また、「広告系・IT系・メーカー系」など、業界によって取り扱う商品も異なり仕事内容も違ってきます。

営業に対していいイメージが無い方にとって、営業職として働くメリットが感じられない方もいるのではないでしょうか?
そこで、営業で働くメリットを次でご紹介します。

営業で働くメリットとは

営業に対してネガティブなイメージしかないという方のために、営業職のメリットを紹介したいと思います。

営業職で働く主なメリットは、

  • ビジネスで重要なスキルが身につく
  • やりがいを感じやすい
  • 人脈が広がる
  • 営業インセンティブがある
  • 若くても成果を上げられる
  • コミュニケーション能力が向上する

など

上記のように、社会人として仕事をするうえで基礎的なスキルを身につけられることは営業職で働くメリットといえます。

営業職は、上記にあげたメリットのほかにも「自分で時間管理ができる」「各地の美味しい物を食べられる」などの利点もあります。一人で外回りする営業であれば、事務職のように会社に時間を管理されることはなく、時間の使い方は個人に任されていることがほとんどです。

そのため、移動中や待ち時間などに本を読んだり情報収取をしたり、喫茶店で休憩をするなど自由に動けて時間を有効に使えます。また、県外などへ出張する営業であれば、各地の美味しい物を食べられることも魅力の一つといえるでしょう。

営業に「向いている・向いていない」を
診断してみよう!

自分では営業に向いていないと思っている方も、実際に働いてみると営業に向いていたという方も少なくありません。そこで、営業に「向いているのか」「向いていないのか」を診断してみましょう!

以下のチェックシートは20問、当てはまるものはどのくらいあるでしょうか?
さっそく診断してみましょう。

営業の向き不向き診断 チェックシート

  • □ 人と仲良くなるのが早い
  • □ 周りから「気が利くね」と言われることが多い
  • □ どちらかといえば好奇心旺盛な方である
  • □ 年上から好かれやすい
  • □ 高い目標ほどチャレンジ意欲が高まる
  • □ 自分が話すよりも相手の話を聞いていることが多い
  • □ 何事も事前にリサーチをして準備しておく
  • □ 切り替えが早く、失敗しても新しいことに挑戦できる
  • □ 一般的には体力がある方だと思う
  • □ 約束を守れる
  • □ 目標を立てて達成させたことがある
  • □ 自分は素直な性格だと思う
  • □ あまり人見知りしない
  • □ 見た目の清潔感には気を使っている
  • □ 相手の細かい変化や反応が気になる
  • □ 勉強をするのは得意
  • □ 自己管理ができる
  • □ プレッシャーには強い方
  • □ マーケティングに興味がある
  • □ 人と会話するのが好き
女性

11個以上当てはまった方は「営業向き」といえます。
10個以下しか当てはまらなかった方は、あまり営業に向いていないかもしれません。

営業に向いているのはこんな人!6つの特徴

営業に向いている人

営業の仕事にはどのような人が向いているのでしょうか?
営業の仕事に向いている人の特徴について詳しく見ていきましょう。

営業に向いている人の特徴

  • 人当たりがよい人 営業職は、営業方法に関わらず対人で仕事を進めていくことが基本です。そのため、相手に好印象を与えられる人当たりのいい人が適しています。
  • 話を分かりやすく伝えられる人 営業の主な業務は、相手に商品を説明し契約を取り付けること。相手に分かりやすく説明することができなければ購入してもらえません。話を分かりやすく伝えられる人は、商品の良さも上手くアピールでき営業に向いています。
  • 記憶力の良い人 担当者の名前や顔、以前会話した際の内容などを覚えておくことで、新規の契約に繋がることがあります。とくに相手が初対面ではない営業の場合は持っておきたいスキル。覚えることが苦手な方はメモを取るようにしておくことをおすすめします。
  • 目標達成にやりがいを感じられる人 営業は、個人もしくはチームでノルマの達成やプロジェクトの成功に向けて仕事をおこなうのが基本です。常に目標を定め、達成することにやりがいを感じられる人は営業に適しています。
  • スケジュール管理ができる人 営業の仕事は、相手とのアポイントの予定や納期だけでなく目標に向けたスケジュール管理が必要です。いつ何をするのか、1日の時間をどのように使うのかなどスケジュールをきちんと管理できる人は営業向きといえます。
  • コミュニケーションをとるのが好きな人 営業は人とかかわりながら仕事を進めていくため、コミュニケーションをとることが好きな人に適しています。コミュニケーションは自分の意見を一方的に伝えるだけでは成り立たず、相手の話を聞くことで成立します。要望を把握し信頼関係を築くには、なによりも「人の話を聞く」ということが大切です。

営業に向いていないのはこんな人!6つの特徴

営業に向いていない人

では、反対に営業に向いていない人の特徴について見てみましょう。
営業に向いていない人の6つの特徴は以下。

営業に向いていない人の特徴

  • 人の話を聞くのが苦手な人 営業は、相手の人と話しコミュニケーションを取りながら要望を把握したり信頼関係を築いたりします。そのため、人の話を聞くことが苦手な人は相手の要望を理解できないため、営業職には向いていない可能性があります。
  • 計画をたてて実行できない人 営業にとって、計画をたてて実行していくことはとても大切なスキルです。自分でたてた計画を実行できない方は、アポイントの予定や納期などを守れないなど仕事での事故やミスを起こしてしまいかねません。
  • ストレス耐性が低い人 営業の仕事は、自分の思い通りにならないことが多い職業です。契約がいつも取れるわけではなく、断られたりもう一歩のところで白紙になったり、ストレスを感じることは少なくありません。ストレスへの耐性が低い方やうまく発散できず溜め込んでしまう方は、向いていないかもしれません。
  • プライドが高い人 営業の仕事は、相手に対して謙虚な姿勢でいることはもちろんですが、時に相手から怒られたり、頭を下げたりすることもあります。社内でも営業活動を円滑に進めるために、下手に出る場面もあるはず。自身のプライドが高すぎる人は、そのような場面でうまく立ち回れず、営業活動に支障をきたす可能性があります。
  • 体力のない人 営業職は、移動や商談などで一日中動き回ることが多く、帰社後も資料作成などデスクワークをするなどハードスケジュールの日も多々あります。それでも行動できる体力がなくては営業の仕事は成り立ちません。
  • 身だしなみに気を使えない人 営業の仕事は第一印象がとても大切です。身だしなみに気を使えない人はだらしないイメージを持たれてしまいます。相手に良くない印象を与えてしまうと信頼関係を築くことが難しく、仕事が思うように進まないでしょう。

営業職への不安が拭えない・・・
そんな方は

上記の「営業の向き不向き診断」や「向いている人の特徴」に当てはまっているけれど、営業を受けるかまだ迷っているという方は少なくないはず。

「本当に営業に向いているのかな…」
「ノルマを達成できるかな…」
「就職が決まらないからって、営業に進んでいいのかな…」
など、これまで避けていた営業職を受けるとなると、不安な気持ちがたくさん出てきますよね。

そんな方におすすめしたいのが、転職エージェントを利用する方法です。
転職エージェントである「ジョブライズ・ジョブシャイン」は、仕事の紹介だけではなく、営業に向いているかどうかや今後のキャリアプランについてなど、プロに相談しながら一緒に考えることが可能です。専任のアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれるため、不安な気持ちも解消することができます。
また、希望や適性に合った企業選びから各種書類作成など、手厚い就職サポートをしてもらえます。

さいごに

女性

営業職への就職を考えるのなら、まずどの業界を目指すか明確にすることが大切です。
業界の特徴や違い、営業の種類を知ることで、自分にも向いている営業方法が見つかるはずです。また、営業の向き不向きを自己分析し、不向きな面をどのように補っていくのかを考えることも、営業職で活躍していくために必要なことの一つです。

自分では向き不向きが分からないという方は、転職エージェントを利用しプロにアドバイスをもらってみてください。

内定が出るまで全力サポート